タバコによる口臭

タバコによる口臭

口の中に入れる物は、得てして口臭の原因になるケースが多いのですが、そ
の中には食べ物以外で口に入れる物も含まれます。その最たる物が、タバコ
でしょう。タバコも、口臭の原因としてはスタンダードな存在といえます。
タバコが口臭の原因となる理由は、複数存在します。まず、口の中が乾燥し
てしまうという事。タバコは、吸う事で口内を乾燥させる性質があります。
ドライマウスの原因になるとも言われており、それによって口の中の唾液が
減り、悪臭を生み出す事につながるのです。
ニコチンやタールといったタバコの成分も、悪臭の一要素となります。いわ
ゆる「ヤニ」ですね。これらの成分は、口臭と聞いて一般的に想像されるよ
うな臭いではないものの、相手に不快感を与える臭いという意味では共通し
ており、口臭の一つとして数えられます。
ニコチン、タールといった成分は歯や舌に付着しやすい性質を持っており、
なかなか歯磨きだけではしっかり取れないという厄介な問題も抱えていま
す。
さらに、タバコには血液の循環や新陳代謝を悪化させるという問題点もあり
ます。そのため、体調を悪くし、その結果口臭を引き起こすというケースも

考えられます。
血液の循環が悪いと歯茎にとってもマイナスとなり、最悪歯が抜けやすくな
るというリスクもあるので、口臭はもちろん、口内全体の健康にとっても障
害となる可能性があります。
タバコは、人間の健康にとっては百害あって一利なし。口臭を予防したい人
は、量を減らすか、止めてしまうかのどちらかを選択する事をおすすめしま
す。

遺伝による口臭

抜け毛や薄毛、あるいは一部の病気など、人間は遺伝子によってそういった
問題をあらかじめ抱えているという事がままあります。親が薄毛だから、い
ずれ自分もああなる…と不安を抱いている人は、かなりの数に上るのではな
いでしょうか。
実際、必ずしもそういった問題が遺伝するとは限りませんが、そうなる可能
性が十分にあるというのは、紛れもない事実です。
では、口臭に関してはどうでしょう。口臭の原因として、「遺伝」が成立す
る事があるのか。
答えは、「ある」です。
通常、口臭というものはあくまでも自身の食べた物や体調などが原因であり、
親から受け継ぐものという認識はほとんどないものと思われます。ですが、
一つだけ遺伝するタイプの口臭が存在するのです。
それは、いわゆる「魚臭症」と呼ばれる悪臭です。その名の通り、魚の腐っ
たような口臭がする症状ですね。
これは病気であり、その人が歯磨きをしていないとか、毎日変なものを食べ
ているとか、そういう問題ではありません。新陳代謝に異常があり、それが

原因で魚臭い臭いが発生してしまうのです。
具体的にいうと、体内における「トリメチルアミン酸化酵素」の働きが生ま
れつき正常ではないため、トリメチルアミンの分解が行われずに血液に残存
し、その結果、悪臭が発生してしまいます。
魚臭症は根治が不可能な病気と言われており、非常に厄介な問題です。万が
一、自分がそうであると診断された場合は、少しでも臭いを抑える努力をし
なくてはならないという事になります。

チェックしているサイト

ほっぺたの肉を取る方法があるなら、やってみたいと思いません? 頬肉を落とすには、健康になるのが最も効率がいいのですが、忙しいJOOY読者は健康管理をおろそかにしがちかもしれませんよね。ほっぺのお肉が多いと、どうしても顔が丸く、太って見えてしまいます。 また丸い顔の人は、元々ほっぺの肉がふっくらと目立っています。 ぷにぷにのほっぺは女の子らしく、愛らしくて、親しみやすい印象ですが、 お肉がつき過ぎて肉厚なのは嫌ですよね。

まぶたにむくみが現れる原因としては、主に疲れ目、血行不良、水分が溜まっていることなどが挙げられます。蒸しタオルで目を温めたりマッサージをしたりして血行を良くし、むくみの症状を改善していきましょう。毎日クマの診療をしていると「血行不良」とは違う要因で起こっていることがほとんどではないかと思う反面、自分で試さずにどうのこうの言うのは良くないと思い、今回は手術の説明ではなく、「蒸しタオル」による「血行改善(?)」をやってみました。