タバコによる口臭

口の中で悪臭が発生する原因は多々ありますが、それらはあるメカニズムに則って生まれています。その代表的な例が、「酸素による繁殖」です。
口内には数多くの細菌が存在しますが、その細菌の中には、酸素がなければ繁殖できないタイプと、酸素がなくても繁殖できるタイプの細菌が存在します。

 

この中で厄介なのは、後者の「酸素がなくても繁殖できるタイプの細菌」です。このタイプの多くは、酸素がある事で繁殖に支障をきたす「嫌気性」という性質を持っています。

 

 

 

この嫌気性の細菌が多いと、口内は乾いてしまい、唾液の量が減ります。

 

そうなると、必然的に口臭が発生する事になります。
また、口臭のメカニズムとして、「時間経過による変化」が存在します。時間帯によって口臭の種類が変化するというメカニズムです。最も口臭がキツいと言われているのが寝起きですが、そこにはいくつかの要因が重なっているという事情があります。

 

寝起きは口の中の唾液が少なく、乾燥している状態にある事。口を閉じて寝ている場合、口内に臭いが充満している事。空腹状態になっており、代謝機能が低下している事。これらが合わさり、悪臭の原因となっているのです。

 

早朝を過ぎると、その口臭は徐々に消えていきます。しかし、食べ物を摂取すると、今度はその食べ物が原因で別の悪臭を放つ事になります。今度はそれを歯磨き等で取り除く必要があるのです。

 

さらに、その後昼食時になると、また空腹による悪臭が充満してきます。口内の一日は、その繰り返しという事になります。

 

口臭のメカニズム