口臭の成分

口臭の成分

臭いの中には、人間が不快に感じる臭いもあれば、どうという事もない臭いがあります。仮に強い臭いであっても、特に不快には感じない場合は、それが悪臭と呼ばれる事はありません。
つまり、同じ臭いであっても、口臭として認識される臭いとそうでない臭いがある、という事ですね。では、不快に感じる臭いとはどんな臭いなのか。

 

その検証を行っていきましょう。

 

人間の口内には、実に何百種類にも及ぶ細菌が存在します。歯垢も細菌の一種で、「デンタルプラーク」と呼ばれるものです。これらの細菌の中には悪臭を放つ原因となるものも多く、人間は生まれながらにある程度の口臭を放つ要素を持っているという事ですね。

 

その中でも、特に口臭の原因となる成分は、「VSC」「硫化水素」「メチルメルカプタン」「ジメチルサルファイド」「アンモニア」「アセトン」等です。

 

「VSC」は揮発性硫黄化合物で、口臭の原因としては最もポピュラーな成分ですね。揮発性という点が特に問題で、唾液や舌苔に溶け込む性質があるため、なかなか取り除く事が難しい成分です。

 

「硫化水素」は、食事によって発生する口臭の原因となる成分です。タンパク質が嫌気性菌と反応する事で生まれる成分ですね。硫黄の還元物質という事で、硫黄特有の卵の腐ったような臭いとなります。

 

「アンモニア」というと、通常は尿に含まれる成分という認識が持たれていますが、実際には歯垢や歯石にもかなりの量が含まれており、口内の悪臭の原因となっています。

 

口臭の成分